B型肝炎の相談

B型肝炎B型肝炎という病気があります。こちらは集団感染してしまった被害者が出たことによって話題となりました。国の不手際によって集団感染が起きてしまい、たくさんの被害者が出てしまったのです。そのため、被害者が協力をして国に対して集団訴訟をするという事態にまで発展しました。その結果として、被害者と国との間で和解が成立しました。新しく法律が制定されて、B型肝炎に集団感染してしまった方は給付金を受け取ることになったのです。

ただし、この給付金というのは期限が決まっています。法律によっていつまでに手続きをしなければ給付金を受け取れなくなってしまうと定められているのです。そのため、早めに手続きをするべきです。本当は給付金を受け取れる条件を満たしているのに、未だに手続きをしていないという方はたくさんいるのです。せっかく給付金を受け取るチャンスがあるのにそれをもらわないのはもったいないでしょう。たとえば条件によっては遺族が受け取ることもできるのです。

そんなB型肝炎の給付金なのですが、これを受け取るためには訴訟をしなければいけません。これは形式的なものなのですが、それでもこれまでに訴訟をしたことがない方にとってはハードルが高いでしょう。そのため、弁護士を利用する方はたくさんいるのです。こちらでは実際にB型肝炎の給付金について弁護士に相談をする際のポイントをまとめています。着手金について教えましょう。また、弁護士の選び方についても解説しています。